e.オーディオ逸品館 ESOTERIC - ESSG-90260(SACDソフト マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ)/ ショパン:夜想曲集 第1〜5・8・9・12〜16・19〜21番)《e》【6月18日発売予定・ご予約受付中】



 

トップ > レコード・CDソフト・書籍 > SACD > ESOTERIC - ESSG-90260(SACDソフト マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ)/ ショパン:夜想曲集 第1〜5・8・9・12〜16・19〜21番)《e》【6月18日発売予定・ご予約受付中】

ESOTERIC - ESSG-90260(SACDソフト マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ)/ ショパン:夜想曲集 第1〜5・8・9・12〜16・19〜21番)《e》【6月18日発売予定・ご予約受付中】

商品コード : ESSG-90260
製造元 : ESOTERIC
メーカー希望小売価格(税別) : 3,637
価格 : 4,000円(税込)
数量
 

商品合計金額が10万円以上お買い上げの場合送料無料※送料無料表示の商品は、金額に関わらず送料無料です。(大型商品など別途送料が必要な商品もございます)

かごに入れる

jpトップリンクボタン 下取りリンクボタン

《 ESOTERIC SACD 初回入荷分のご予約に関するご注意 》
・生産数限定商品の為、同じ商品を複数(複数回)ご注文いただいた場合でも、入荷数やご注文状況などにより
 ご購入数をお一人様1枚に制限(変更)させて頂く場合がございます。
・発売日の異なる予約商品を同時にご注文の場合は、「発売日が一番遅い商品」に合わせての出荷となります。
・個別の出荷をご希望の場合は【発売日ごと】に個別でのご注文お願いします。注文後の変更は承れませんのでご了承ください。
※送料はご注文ごとに必要となります。
 
聴きなれたショパンの夜想曲からも独自の美を引き出すピリス
 
ピリスの原点であるショパン

ポルトガル出身の女流ピアニスト、マリオ・ジョアン・ピリス(1944年リスボン生まれ)が世界的な注目を浴びたのは1970年のベートーヴェン国際コンクール優勝がきっかけでした。 そしてレコーディング・アーティストとしてのピリスの名を大きくアピールしたのは1974年初頭に約1か月半をかけて東京イイノ・ホールで録音されたモーツァルトのピアノ・ソナタ全集という大作。 日本コロムビアから発売されたこの8枚組の全集は、ヨーロッパではフランスのエラート・レーベルで発売されADFディスク大賞、エディソン賞など重要なレコード賞を受賞し、 まだ30歳になったばかりの「新しい世代のモーツァルト弾き」としてのピリスの姿を鮮烈に印象付けたのでした。しかしピリスにとって最初のソロ・アルバムはそれより3年前の 1971年9月に東京・世田谷区民会館で収録されたオール・ショパン・プログラムだったのです(東芝EMI・未CD化)。バラード第1番と幻想ポロネーズという人気大作を軸に、 ワルツを3曲、練習曲と夜想曲を1曲ずつ配した構成は1枚のアンソロジーとして見事で、清冽な演奏は発売当時大きな注目を浴びました。このアルバムの選曲もピリスが後に辿る足跡を暗示しているかのようで、 バラードと練習曲以外はのちに再録音しています。
 
ピリスの絶品レパートリー、ショパン

小柄で手も小さいピリスがモーツァルトを得意としたのは自明の理ですが、演奏レパートリーもモーツァルトを中心として、ベートーヴェン、シューベルト、シューマンあたりのロマン派までがその大半を占めています。 大きな音や派手な表現で大向こうを張るタイプとは真逆のピアニストであるがゆえに、ショパン作品でもスケルツォやバラードのような作品よりも、ワルツや夜想曲のようなインティメートな音楽において、 その真価をより明確な形で発揮できるのもごく自然なこと。その意味で、1990年代のドイツ・グラモフォンとの録音契約の中で、ショパンの夜想曲全集の録音がようやく実現したのはじつに幸運なことで、ピリス・ファンにとっても、 いやクラシック音楽の愛好家にとって、待ちに待ったリリースとなったのでした。
 
ショパンが生涯にわたって取り組んだ夜想曲の理想的な演奏

ショパンの夜想曲は、彼が20歳の時から晩年に至るまで生涯にわたって創作し続けたジャンル。「夜想曲(ノクターン)」ラテン語で夜をさす「ノクス(nox)」から派生した名称で、ピアノ独奏曲としての夜想曲というジャンルは、 アイルランドの作曲家ジョン・フィールドが創始しました。ショパンはワルシャワ時代にすでにフィールドの作品に接して共感を覚え、ベルカント唱法をピアノ音楽で表現することに長じ、 サロン向けの音楽を作る必要のあったショパンにとっては、打ってつけの楽曲形式でした。ショパンの夜想曲は、美しさ、弾きやすさに加えて、芸術的な深みを持ち合わせた作品として、現在でも不動の人気をもっています。 ショパンの夜想曲は、作品ごとに彼自身の作風の変遷を辿ることもでき、フィールドの影響が色濃く残されている初期の作品から出発し、時を経るにつれて作曲技法が深化し、ショパン独特の境地へと発展していく様子が刻み込まれています。 ほとんどがシンプルな三部形式で、ゆっくりとしたテンポを基調に、美しいカンティレーナが歌われていきますが、孤独感、懐かしさ、哀しみなど、極めて豊かな感情の起伏が音化されていて、 そうした要素をどこまで汲み取れるかがピアニストにとっての試金石。また後期の作品になればなるほど、情緒が濃厚になり、そこで表現されている感情世界も広く深くなっていくのも大きな特徴です。 50歳を越えたピリスは、夜想曲のそれぞれに個性的な風貌を、粒ぞろいの美音と、過度にならない自然なニュアンス付け、豊かでふくよかな充実した響きで彩っていきます。過度に感情的な身振りを持ち込まず、 むしろストイックなまでに緻密なコントロールを聴かせつつも、決して堅苦しくない雰囲気を持つ演奏は、音楽や作曲家に対して常に真摯な姿勢で臨んできたピリスの人柄を反映しているかのようです。 結果として日本での1996年度「レコード・アカデミー賞」をはじめ、世界各地でさまざまな賞を受賞するなど、極めて高く評価されています。
 
最高の状態でのSuper Audio CDハイブリッド化が実現

録音はミュンヘンの音楽大学の講堂とロンドンのヘンリー・ウッド・ホールの2か所で収録されました。前者はドイツ・グラモフォンが1960年代からカール・リヒターとミュンヘン・バッハ管弦楽団の録音で頻繁に使ってきた 収容人数600人の小ぶりのコンサートホール。後者は19世紀に建てられた教会で、1975年にオーケストラのリハーサルや録音用に改装され、イギリスの名指揮者ヘンリー・ウッドの名を冠して生まれ変わったホールで、 ロンドンではウォルサムストウ・タウン・ホールと並ぶ録音の名所として知られています。1980年代以降のドイツ・グラモフォンのメイン・エンジニア/プロデューサーの一人、ヘルムート・バークによる音作りは、 2つの録音会場の差異を全く感じさせず、ピリスをごく親密な空間で聴いているかのようなイメージを与えてくれるもので、過去に当シリーズで発売したモーツァルト:ピアノ・ソナタ集(ESSG-90189)や シューベルト:即興曲集(ESSG-90196)よりも深めの残響で収録されているのも、作品と演奏の本質に相応しい見事なエンジアリングといえるでしょう。もともとが優秀なデジタル録音であり発売以来特にリマスターが施されたことはなかったため、 今回は初めてのDSDリマスタリングとなります。今回のSuper Audio CDハイブリッド化に当たっては、これまで同様、使用するマスターの選定から、最終的なDSDマスタリングの行程に至るまで、妥協を排した作業をおこないました。 特にDSDマスタリングにあたっては、新たに構築した「Esoteric Mastering」を使用。 入念に調整されたESOTERICの最高級機材Master Sound Discrete DACとMaster Sound Discrete Clockを投入。またMEXCELケーブルを惜しげもなく使用することで、 オリジナル・マスターの持つ情報を伸びやかなサウンドでディスク化することができました。
 
■『すべてのノクターンが、1曲の例外もなく、それぞれの『いのち』を息づいている!』
「夜想曲はショパンの作品の中でも演奏するのが特に至難の業である。曲の表面に流されて、ともすれば、過剰にセンチメンタルになったり、曲の内部まで掘り下げずに終わってしまうからだ。その点、このピリスの演奏は極めて完成度が高い。 ショパンはもともとピリスの得意とするレパートリーだが、このアルバムでは特に円熟味を増した彼女の良さが生きている。ピリスは自然体でありながら、情感豊かに、さまざまな形式で書かれた1曲1曲の特質を的確にとらえ、多彩な内容を格調高く描き出している。 その知的な読みの深さはさすがである。」『ONTOMO MOOK クラシック名盤大全 器楽曲編』1998年

「ピリスが当代一流のモーツァルト弾きであるのみか、ある意味で比類ないほどのショパン弾きでもある事実を、如実に示したのがこの夜想曲の録音だった。ノクターンは決して、ショパンが細やかな詩情のみを注ぎ込んだ音楽ではない。 個々の曲の裡に、ショパンはその情熱、意志の力、劇的な昂揚感の全てをも託したのである。このことを深く感じ取り、すべてをふさわしく表現できるピアニストを、あるいはショパンは待ち望んでいたのかもしれない。 そして、ここに、このポルトガル女性が現れた、とまで、聴きながら筆者は思ったものである。すべてのノクターンが、1曲の例外もなく、それぞれの「いのち」を息づいている!」 『クラシック不滅の名盤1000』2007年

「ピリスほど、奏でる音の一音一音に意味と心が宿り、聴く者の心に染み込む音楽を奏でたピアニストはいない。彼女はその美しいピアニズムによってショパンからも独自の美を引き出した。 この夜想曲集は、ショパンの作品の中でも最も磨き抜かれた音色や響きの美しさが要求される作品だけに、まさにピリスの美点が最も生きる作品。その意味で彼女のショパン解釈の代表的なものが聴けるといってもよい。 聴いている間、夢見心地のような至福を味わわせてくれる傑作である。」 『最新版・クラシック不滅の名盤』2018年
 
 
[収録曲]
 
フレデリック・ショパン(1810-1849)
 
●夜想曲集
 [1] 第1番 変ロ短調 作品9の1
 [2] 第2番 変ホ長調 作品9の2
 [3] 第3番 ロ長調 作品9の3
 [4] 第4番 ヘ長調 作品15の1
 [5] 第5番 嬰ヘ長調 作品15の2
 [6] 第8番 変ニ長調 作品27の2
 [7] 第9番 ロ長調 作品32の1
 [8] 第12番 ト長調 作品37の2
 [9] 第13番 ハ短調 作品48の1
 [10] 第14番 嬰へ短調 作品48の2
 [11] 第15番 ヘ短調 作品55の1
 [12] 第16番 変ホ長調 作品55の2
 [13] 第19番 ホ短調 作品72の1
 [14] 第20番 嬰ハ短調(遺作)
 [15] 第21番 ハ短調(遺作)
 
マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ)
 
詳細
 録音 1995年1月2日〜5日(第1〜5番、第8・9番)
1996年1月2日〜4日(第12〜14番、第19番)
1996年4月7日〜9日、ミュンヘン、音楽大学大ホール
1996年6月20日・21日、ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール(第20・21番)
 初出 447 096-2(1996年)
 日本盤初出 POCG11986〜7(1996年10月)
 オリジナル・レコーディング [エクゼクティヴ・プロデューサー]クリストファー・オールダー
[レコーディング・プロデューサー]ヘルムート・バーク
[レコーディング・エンジニア]ヴォルフ=ディーター・カルヴァトキー、ラインヒルト・シュミット
[エディティング]ヨープスト・エーベルハルト、ラインハルト・ラーゲマン

商品の画像について

商品画像は、代表画像をイメージとして掲載している場合がございます。必ずしも商品名の画像と一致しているわけではございません。また、商品の仕様・パッケージ等につきましては予告なく変更される場合もございます。あらかじめご了承をお願いいたします。

在庫状況に関する注意事項について

オーディオ逸品館に掲載しています商品は他の逸品館販売サイト、実店舗と在庫を共有し同時販売しています。ご注文のタイミングによっては「在庫有り」表記の場合であっても欠品が発生する場合もございます。
万が一当社在庫およびメーカー在庫共に在庫切れの場合、お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、その際はご連絡の上、ご注文をキャンセルさせていただく場合もございます。何卒ご了承くださいますようお願いいたします。


この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。

注目メーカー

audioquest(オーディオクエスト)ミニバナー

B&W(ビーアンドダブリュー)ミニバナー

C.E.C(シー・イー・シー)ミニバナー

dali(ダリ)ミニバナー

denon(デノン)ミニバナー

esoteric(エソテリック)ミニバナー

Kripton(クリプトン)ミニバナー

luxman(ラックスマン)ミニバナー

magico(マジコ)ミニバナー

MANLEY(マンレイ)ミニバナー

stax(スタックス)ミニバナー

TANNOY(タンノイ)ミニバナー

tiglon(ティグロン)ミニバナー

wireworld(ワイヤーワールド)ミニバナー

ページトップへ