レコードプレーヤーの音質改善テクニック

レーコードの演奏になくてはならないレコードプレーヤーは、少し手を加えるだけでもかなりの音質改善が期待できます。

・逸品館お薦めのレコードプレーヤー
・逸品館お薦めのレコードメンテナンスグッズ
・逸品館お薦めのフォノアンプ

プレーヤーを正しく設置しよう

レコードプレーヤーは、しっかりした台の上に「水平」に設置して下さい。レコードプレーヤーが傾いていると、カートリッジの針先(スタイラス)がレコードの溝に接する角度がずれるため、左右の音の大きさが違ったり、高音や低音が出にくくなるなどの問題が発生することがあります。水平を出すための「水準儀」などを用意しておくと便利です。
レコードを設置する台(ステージ)は、床からの振動が伝わらないように配慮されていることが理想です。スピーカーから出る音でプレーヤーが振動すると「ハウリング」を発生します。ハウリングの発生を防止し、レコードプレーヤーの音質を向上させるために、逸品館は「ウェルフロートボード」のアナログ専用モデルを発売しています。

プレーヤー用ウェルフロートボード

レコードをクリーニングしよう

レコードが汚れていると、レコードと針先を痛めます。演奏前に綺麗にしておきましょう。

逸品館お薦めレコードメンテナンスグッズ「レイカ」

カートリッジの取り付け

カートリッジを取り付ける「ネジ」・「リード線」などは、音質に影響を与えます。また、トーンアームの適合重量にも合わせなければなりません。わからない時は、逸品館までお問い合わせください。
・(逸品館お薦めレコード関連アクセサリー)
カートリッジとヘッドシェルの取付部分に小さな制振製品ゴムなどを挟み、振動を「インシュレート(写真下・上)」すると、透明度や音の広がりが向上します。クリプトンの「ミスティックホワイト」を小さく切ってカートリッジとヘッドシェルの間に挟むとよいでしょう。
カートリッジ本体に「フェルトなどを張り付け(写真下・下)」ると、針先で生じている音が「カートリッジのボディーを共振させる」ことを防げます。透明度、きめ細やかさなどが向上します。使用するのは、ウール100%のフェルトで「裏側に粘着テープが付いているもの」をはさみなどで、適当なサイズに切ってお使い下さい。このようなフェルトは日曜大工店で入手できます。

レコードの摩耗

大切なレコードを痛めないために「針圧の軽いカートリッジ」にこだわる方がいらっしゃいますが、1〜5グラム程度の針圧であれば、レコードは痛みませんのでご安心下さい。逆に針圧の軽すぎるカートリッジは、「針飛び」を起こしやすく、レコードに傷を付けてしまうことがあります。
レコードの溝がすり切れないのは、「レコードの素材に可塑性(歪んで元に戻る性質)」があるためです。針先はレコードの溝を攻撃的に削るのではなく、「レコード盤が針先の圧力によって変形する」ことで、針はレコードの表面を滑るようにトレースしています。針先が通過した後レコードは、再び元の形状に戻ります。このような状態では、「レコードの摩耗」は発生しません。
レコードが摩耗するのは「レコード表面に硬いちりやほこりが付いていて、それがヤスリのような働きをしてレコードを削る」場合です。あるいは「変形した溝が完全に元に戻る(数時間あるいは一日程度掛かると言われています)前に、「何度も繰り返し演奏する」場合に限られます。針先とレコードを常にクリーンな状態に保てば、大切なレコードも高価なカートリッジもどちらもほとんど痛みませんのでご安心下さい。

カートリッジの寿命

針先の寿命も「レコード表面がクリーンな状態に保たれている」場合には、摩耗が起こらないので長寿命です。ただし、カンチレバーを支えているダンパーはゴム製なので、経年変化で硬化します。使わずに保存しておくと、硬化が進むことがありますから、使わないカートリッジでも時々演奏することが、寿命のためにはよいと思います。摩耗したカートリッジは、倍率の高いルーペで見ると「針先が丸くなっている」ことが確認できます。
レコードを演奏しているときに「音質がやや鈍い」・「明瞭度が低下している」・「高域が詰まっている」と感じられたら、カートリッジの針先が摩耗し寿命に近づいています。大切なレコードを痛めないよう、早めにカートリッジを交換して下さい。
・逸品館お薦めカートリッジ

モノラルレコードの演奏は、専用のモノラルカートリッジが必要です

LPレコードには1970年以前にプレスされた「モノラル」と、それ以降の「ステレオ」の2種類があります。モノラルレコードは、上下の動きで音声を記録するのに対し、ステレオレコードでは、左右の動きで音声を記録します。
モノラルレコード用カートリッジとステレオレコード用カートリッジは「針先の動きの方向」が異なります。レコードに合った専用のカートリッジを使用しないとうまく音が出ないだけでなく、「レコードを痛める」ことがあります。モノラルレコードの再生には「必ずモノラル専用カートリッジ」をお使い下さい。
・逸品館お薦めカートリッジ

ターンテーブルシート

レコードと直接触れる「ターンテーブルシート」は、音質に大きな影響を与えます。ターンテーブルシートに求められる特性は「オーディオ機器のインシュレーター」に求められるものと同じです。必要なのは「レコード盤をしっかり支える強度=硬さ」を持っていること、「プラッターの振動をレコードに使えないこと」の二つです。
プレーヤーに付属しているのが、「一般的なゴム製のターンテーブルシート」の場合交換すると、音質の改善が期待できます。「鹿皮」・「豚皮」・「和紙」などを使った、薄手のターンテーブルシートは変な癖もなく、ゴム製品に比べるとしっとりと自然な音質なのでお薦めです。カートリッジの取付で使った「ミスティックホワイト」を適当な大きさに切って、ターンテーブルシートに使うと、音のきめ細やかさ透明度などが大きく向上します。
・逸品館お薦めのターンテーブルシート

アームの調整

トーンアームにカートリッジを取り付けるときには、次の点に注意して下さい。

トーンアームの高さ

トーンアームの高さは針をレコードに落とした状態で「水平」が理想が基本ですが、カートリッジとアームの相性により「適切な角度」が若干変わります。
アームが後ろ下がりだと「低域より」に、後ろ上がりだと「高域より」のバランスになりますので、聴きながら調整します。ただし、水平からアームの高さが3〜5舒幣緤僂┐襪函▲ートリッジやレコードを痛めます。3号館のプレーヤーのアームは、「やや後ろ下がり(2个曚鼻法廚猟汗阿砲覆辰討い泙后

オーバーハング

カートリッジは、トーンアームをプラッターの中心(レコードの穴の部分)に合わせたとき、針先が穴よりも少し外側になるように取り付けます。この「穴から外側にずれる距離」を「オーバーハング」といいます。
「オーバーハング」が狂っていると、カートリッジがレコードの「内周〜外周で適切な角度」を維持できなくなり、歪みを発生します。オーバーハングの値(量)は、アームによって決まっていますので、アームやレコードプレーヤーの説明書を参考にして下さい。値が分からない場合、オーバハングを「12〜15弌彡度にしておけばよいでしょう。オーバーハングは、さほど神経質になる必要はありません。

インサイドフォース・キャンセラー

レコードの内周付近で起きる「針滑り/針飛び」を防止するため、ほとんどのアームには「インサイドフォース・キャンセラー」が付いています。値は「針圧と同一」にするように説明されていますが、インサイドフォース・キャンセラーの構造によっては「その負荷がアームの抵抗」となって自由な動きを阻害することがあります。
「SME」や「Nottingham」が採用している、「ウエイトで調整するタイプのインサイドフォース・キャンセラー」は音質への影響が少ないので、正規の値に調整してください。
「Thorens」が採用する「ダイヤル式(バネ式)のインサイドフォースキャンセラ−」は、針が滑らない限り値は「針圧の半分」程度にする方が、レコードが開放的に鳴るように思います。「ゼロ」にしても音質が伸びやかに、躍動的になる場合がありますが、針滑りが発生してレコードを傷つけたり、最内周で左右の音量が変わってしまうことがあります。ご注意下さい。
インサイドフォース・キャンセラーの量は、音質に大きな影響を与えます。正規の値を中心に、軽くする方向で調整を行って下さい。

針圧

針圧は、カートリッジの「適正針圧」に合わせるのが妥当ですが、カートリッジの個体差や針先の摩耗状態、あるいは室温で最適値が変わるので、「適正針圧の範囲内」で聴きながら、良いポイントを探ります。
カートリッジの最適針圧は、ダンパーの硬さによって変化しますから、針圧調整はレコードを片面ほど演奏して、ダンパーの動きが良くなってから行います。針圧が重すぎると、音質も重々しくなり躍動感や軽快感が殺がれます。軽すぎると、音質が軽薄になりエネルギー感が希薄になります。「自然に音楽が体に入ってくるポイント」が適正針圧です。
・レコードの状態をチェックしながら調整できるテスト用レコード

カートリッジのコレクション(非売品)

逸品館にある、カートリッジのコレクションです。これらはただのコレクションではありません。逸品館は商品の選定を「実際にヒヤリングして」行っています。これらのカートリッジは、ヒヤリング時に聞き比べるための「資料」として利用しています。

写真左から
GOLDRING
1012GX
ORTOFON
MC20/Super2
ORTOFON
MC20/S
1012GXは、MMカートリッジの代表選手シュアーよりも音が柔らかく色彩感が濃い。ORTOFONは、MC20SよりもSuper2の方が音が明るい。
写真左から
SHURE
M44G
SHURE
V15Vx
SHURE
V15/TYPE3
名機の誉れ高い[TYPE3]は、さすがにシュアー製品の中で最も癖が少なくバランスがよい。廉価モデルのM44GとトップモデルのV15Vxの音質の違いは、価格ほどは大きくない。シュアーは、一番安い製品がお薦め。
写真左から
EMT
TMD(MONO)
EMT
TSD/金ラベル
EMT
TSD/銀ラベル
現在のSPUの音質は、初代からずいぶん変わってしまった。EMTは比較的ビンテッジの音質を継承している。EMTの発電部分(シェルを除いたカートリッジ部分)をモディファイして作られた製品も多い。(ROKSAN・EINSTEINなど)
写真左から
SHURE
V15/TYPE3
SHURE
M75-6/TYPE2
SHURE
M91ED
ELAC
STS344
PICKRING
V-15/AM-3
写真左から
ORTOFON
SPU(オリジナル)
ORTOFON
SPU/SL15
ORTOFON
/M15
GLACE?
不明
このSPUの音を聴いてしまうと・・・ORTOFON/SPUが「如何に凄かった」がよくわかる。この時代のヨーロッパのメーカーの音楽/知性/文化が如何に優れていたか、その音質から伝わるように思うほどだ。
写真左から
DECCA
Mark5
DECCA
C4E
DECCA
Mark3
DECCA
Mark2
GRACE
不明
IKEDA/9C
IKEDAのカートリッジには、DECCAと同じくカンチレバーがない。カンチレバーという無駄に共振物がないこれらのカートリッジは、非常にストレートで癖のない音を再現する。IKEDAは、ややモノトーンでモニター的に聞こえるが、DECCAには舶来製品らしい「色艶」がある。
写真左から
EMPIRE
1000ZE
EMPIRE
999VE
EMPIRE
不明
B&O
SP15
B&O
SP12
写真左から
ADC
XLM
ADC
10E/MK4
ADC
不明
ADC
不明
PHILIPS
412
写真左から
GRACE
不明
DENON
DL103/初期モデル
SATIN
M11E
FAIRCHILD
SM2
GRACE
MODEL/FC
写真左から
FIDELITY-RESEARCH
FR5
TECHNICS
260C
SATIN
MODEL14
FIDELITY-RESEARCH
FR1/MK2
DENON
DL107

注目メーカー

audioquest(オーディオクエスト)ミニバナー

B&W(ビーアンドダブリュー)ミニバナー

C.E.C(シー・イー・シー)ミニバナー

dali(ダリ)ミニバナー

denon(デノン)ミニバナー

esoteric(エソテリック)ミニバナー

Kripton(クリプトン)ミニバナー

luxman(ラックスマン)ミニバナー

magico(マジコ)ミニバナー

MANLEY(マンレイ)ミニバナー

stax(スタックス)ミニバナー

TANNOY(タンノイ)ミニバナー

tiglon(ティグロン)ミニバナー

wireworld(ワイヤーワールド)ミニバナー

ページトップへ